2017年1月

MVNOで使えるのはどんな端末?

MVNOで使えるのはどんな端末?

(公開: 2017年1月12日 (木))

MVNOで使えるのはどんな端末?

 

MVNOで使える端末はどのような端末でしょうか。

 

MVNOで利用できる端末の最低条件として

LTEの電波が利用できる端末であることが必要です。

 

そのため3G回線しか利用できない

iPhone4Sなどの端末はMVNOでは利用できません。

 

このLTE回線を利用できる端末である条件を

クリアした端末が最低と条件となります。

 

 

次にMVNOで利用できる端末ですが

SIMフリー端末、docomoブランド端末、au回線端末、

ソフトバンクブランドの端末となります。

 

SIMフリー端末はMVNOだけでなくMNOとよばれる

大手キャリア、docomo、au、ソフトバンクでも利用が可能となります。

 

docomoブランドの端末は

MVNOの中でもdocomoから回線設備を借りているMVNOで

利用する事ができます。

 

docomoから回線設備を借りているMVNOといえば

IIjmio、楽天モバイル、DMMmobile、mineo、OCNモバイルONEなどがあります。

 

 

次にauブランドの端末が利用できるのは

auから回線設備を借りているMVNOが使用可能となります。

 

auから回線設備を借りているMVNOといえば

mineo、UQmobileなどが挙げられます。

 

ソフトバンクブランドの端末については

ソフトバンクから回線設備を借りているMVNOがほとんどなく

料金も安くはないためMVNOでは利用しづらい状況となっています。

 

しかし2015年5月以降に発売された端末なら

SIMロックが解除できるのでSIMロック解除されたソフトバンクブランドの

端末ならどのMVNOでも利用可能となります。

 

またiPhoneについてはdocomo回線のMVNOならすべて問題なく利用できます。

au回線のMVNOについてはmineo、UQmobileともにテザリングが利用できません。

またUQmobileについてはSIMロック解除されたiPhone、

またはSIMフリーiPhoneのみ利用可能となります。

 

UQmobileはauから回線設備を借りているMVNOですが

iPhoneについてはSIMフリー状態のiPhoneのみが利用できるので

注意が必要となります。

格安SIMのおすすめは?